精力を回復・増強する方法を考察する

精力が減退する原因とは

歳をとればとるほど性欲や精力が衰えてくるものなのですが、最近では20代30代と比較的若い男性でも精力が無くなってきたなと感じる人も多いようです。

 

ではなぜ精力が減退してしまうのでしょう。

 

それには男性ホルモンの分泌が大きく左右するようです。

 

その男性ホルモンの分泌を左右する主な要因を1つずつ見ていきましょう。

 

 

・加齢によるもの
まず1つ目は避けては通れない加齢によるものです。
男性は歳をとるにつれだんだん男性ホルモンが減ってきます。

この男性ホルモンというのは、性欲や精力に大きく繋がるものであり、非常に重要な役割を担っています。
その男性ホルモンの大半を占めている重要な要素がテストステロンです。
このテストステロンは性欲や精力、骨格や筋肉など男性としてのあるべき姿を維持するためのとても大切なホルモンになります。
このように男性ホルモンであるテストステロンの減少によって、精力の減退はもとより、ひどい場合だと勃起不全を起こしてしまうこともあります。
10代の成長期の頃はまさに男性ホルモンも分泌が活発なので性欲、精力減退とは無縁ですが、10代の成長期をピークに分泌は落ち着いてくるので、徐々に精力が減退し始めていきます。
ある意味加齢による精力減退は自然の現象であると言えると思います。

 

・現代社会におけるストレス
2つ目はストレスです。
現代社会を生き抜いていくうえで、切っても切り離せないのがストレスです。
このストレスも精力減退の主な原因になります。
体にストレスがかかると、血圧や血糖値が上昇します。
そしてそれと同時に脳がホルモンの分泌を妨げる指令を出し、そのせいで精巣で分泌されるテストステロンが一気に減少してしまうのです。
その結果精力の減退に陥ってしまいます。
これは年齢とは関係がありません。
20代や30代で精力の減退に悩んでいる人の多くは、おそらくこのストレスが原因の1つだと思われます。

 

・偏った食生活
3つ目は偏った食生活です。
偏った食生活を送っていると、体が慢性的な栄養不足に陥り、結果性欲や精力の減退に繋がります。
特に精子を作る栄養素が不足していると、精子量自体も減ってしまい性欲が減退してしまいます。
また偏った食生活をしていると、テストステロンの分泌も悪くなります。
しっかりと1日3食バランスよく摂ることが精力アップにつながると同時に、健康維持にもなります。

 

・不規則な生活習慣
4つ目は不規則な生活習慣です。
慢性的な睡眠不足や、過度な飲酒、喫煙は、テストステロンを減少させる要因となり、結果精力減退に繋がってきます。
特に肥満は身体へのストレスが非常に大きく、テストステロンの分泌を大きく妨げてしまいます。

 

・筋肉の減少、衰え
5つ目は筋肉の衰えによるものです。
筋肉があればあるほど、男性ホルモンの分泌は活発になります。
よく巷ではスポーツ選手は性欲が強いということを言われていますが、あながち間違ってはいません。

むしろ科学的に正しいと言えます。
普段から運動をする習慣をつけ、少しでも筋肉を維持していくのも、精力減退を阻止することに繋がります。

 

 

 

 

 

 

このように精力減退は、いろいろな原因が絡み合って起こる現象です。

 

少しでも気になる方は、自分がどうしてこのような状況に陥っているか、一つ一つ日々の生活を見直し、その原因に合った解決方法を見つけて実践していくことが精力減退を食い止める一番の近道であると言えると思います。