精力を回復・増強する方法を考察する

具体的な食べ物とその食べ方について

精力回復するためには食生活を見直さなければならないと、「精力回復と食生活」で申し上げましたが、では具体的にどのような食べ物をどうやって食べると精力回復に効果的なのかをここで紹介していきたいと思います。

 

 

【精力回復に効果がある食べ物】

 

牡蠣のガーリックソテー
 牡蠣には男性ホルモンの分泌に大きく関わりがあり、精子を作るのに必要不可欠なもの、更には精力回復にはとても重要な成分亜鉛が豊富に含まれています。
この牡蠣をどのようにして食べると効果的なのかというと、某料理投稿サイトで牡蠣料理の上位にランキングされている、にんにくとオリーブオイルで炒める「牡蠣のガーリックソテー」です。
にんにくにはビタミンや亜鉛、アルギニンが多く含まれており、牡蠣とにんにくの相性もとてもいいですし、何よりも美味しいです。

 

レバニラ
 レバーには精力回復には欠かせない、亜鉛ミネラルがとても豊富に含まれています。
ニラにも精力を増進させる効果があるので、レバーとニラを一緒に摂ることによって良い相乗効果が生まれます。
レバーとニラと言ったらやはり「レバニラ炒め」が最強だと思います。

 

山芋とおくらと納豆
 この山芋とおくらと納豆に共通したものはネバネバです。
このネバネバにはムチという精子の生成に効果があるとされており、血液をサラサラにする働きもあります。また山芋にはアルギニンという精子の生成や精力回復には欠かせない成分も豊富に含まれています。
そのほかにも疲労回復などにも効果があるとされています。
「山芋とおくらと納豆の和え物」は切って混ぜるだけなので非常に簡単に作れます。

 

うなぎのかば焼き
 うなぎにはビタミンA,B,E亜鉛など、滋養強壮や精力回復に効果がある成分が豊富に含まれています。

しかもこのうなぎはこれらの成分がバランスよく含まれているのです。
よく夏場にうなぎを食べて暑さを乗り切ろう!と言われますが、このように必要な栄養素がたくさん入っているので昔から重宝されています。

 

すっぽん鍋
 主に中国で精力増強に効果があるとされ重宝されてきたすっぽんは、日本でも精力増強、血液サラサラになると言われており食されています。
すっぽんにはアルギニン亜鉛ビタミンA,Bなどが豊富に含まれており、精力増強には欠かせない食材です。
ただ、ちょっと高価なのでなかか頻繁には食べることはできませんが、ここぞという時には食べてみるのもいいかもしれません。

 

アボカドサラダ
 アボカドというのは実は野菜ではなく果物なのです。
よく森のバターと言われていて、野菜かな?と思われがちなのですが正真正銘の果物です。
アボカドには男性ホルモンの分泌に必要なビタミンEがとても豊富に含まれており、滋養強壮や精力回復にとても効果があるとされています。
そのままでも食べられますが、トマトやツナなどと一緒に混ぜてサラダにするとよりおいしく食べられます。

 

 

【精力回復に効果的な食べ方】
 精力回復には食べ物を食べる方法も大きく左右されます。
なぜかというと精力と消化にはとても大きな関わりがあるからです。
体内に食べ物が入り、段階を経て徐々に消化をしていくのですが、消化の順番として精液は最後の方に作られるので、消化する力が衰えてしまうと、おのずと精力も衰えてしまうのです。
ですので、食べ過ぎや飲みすぎ、アルコールの摂りすぎ、遅い夕飯など、消化に負担がかかるような飲食をしていると精力はどんどん減退していってしまいます。
そして、基本的には野菜は火を通し、メインは鶏肉のような消化の良いものにし、夜食だけ軽くし3食はしっかりと摂るのが理想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらのことを意識し、徐々に食生活を変えていってみましょう。