精力を回復・増強する方法を考察する

男性ホルモンと精力の関係

男性ホルモンは男性にとって必要不可欠なものです。

 

この男性ホルモンによって骨格や筋肉の増強、生殖機能の働きなど、男性らしい身体つきや精神を保つことが出来ています。

 

中でも男性ホルモンのおよそ95%を占めているものが「テストステロン」です。男性ホルモンと言えばテストステロンと言っていいほど代表的なものです。

 

このテストステロンは男性にとっての身体的、精神的な活力をサポートしてくれています。

 

ですので減少してしまうと倦怠感やイライラ、頭が重い、集中力の低下など、まさに精力が減退してしまい身体に様々な影響が出てしまいます。

 

またテストステロンの重要な働きの1つに、性欲の促進があります。

 

具体的な働きで言うと、このテストステロンが分泌されることによって、体内からフェロモンが発生し興奮作用のあるドーパミンを次々に増やしていきます。

 

そしてそれが骨盤神経に作用することによってペニスが勃起し始めます。

 

このようにテストステロンは、男らしく身体と心が元気でいられるよう維持していくためには必要不可欠なものなのです。

 

しかしこの男性ホルモンであるテストステロンは、いつまでも分泌されるというものではありません。

 

加齢とともにだんだん分泌量は減っていきます。

 

大体30歳過ぎたあたりから徐々に減っていき、60歳になる頃には40歳のころと比べておよそ30%も減少すると言われています。

 

男性の皆さんは経験済みだとは思いますが、10代のころの性欲や精力ってすごかったですよね。

 

それは成長期であるとともに男性ホルモンの分泌が活発だったからです。

 

加齢の他にもテストステロンが減少してしまう原因として、ストレスや運動不足が挙げられます。

 

過度なストレスは男性ホルモンの血中濃度を下げ、分泌を妨げてしまいます。

 

また筋肉はあればあるほど男性ホルモンの分泌が活性化されます。

 

ですので普段から運動不足だと筋肉が衰えてしまい、男性ホルモンの分泌がされにくくなってしまいます。

 

加齢の他にもこういった現代社会ならではのことが、男性ホルモンを低下させてしまう要因になっているようです。その結果、精力の減退に大きく繋がってしまいます。

 

ですので、性欲や精力を上げるためには、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を活発化させないといけません。

 

逆に言えば男性ホルモンが多ければ多いほど、精力も増大しますし、男性としての魅力が一段と増してきますので、普段から男性ホルモンを増やすような生活を意識することが重要です。