精力を回復・増強する方法を考察する

精力と生活習慣の関係

精力と生活習慣というのは切っても切れない関係にあります。

 

つまり、きちんとした生活習慣を身に付けていればおのずと精力も維持できますが、おろそかにしているとだんだん精力も減退していきます。

 

ですので、精力の維持や回復に努めるのならば、日ごろの生活習慣を見直し、精力回復に繋がる生活習慣を身に付ける必要があります。

 

では生活習慣において具体的に何が精力と関わりがあるのかを見ていきたいと思います。

 

【睡眠】
精力や性欲にとって睡眠というのはかなり大切なことです。

この「寝る」という行為自体、ストレス解消にもなりますし、身体の疲労を緩和してくれるからです。
しかしただ寝るだけでは精力回復には繋がりません。
睡眠の質を上げることがとても重要なのです。
できれば7〜8時間程度連続して睡眠をとることが望ましいです。
昼寝や3時間程度の短時間な睡眠だと、身体が十分に休めないし、男性ホルモンが分泌されるのが夜寝ている間なので、短時間な睡眠だと十分にホルモンが分泌されません。
なので質の良い十分な睡眠を摂ることがとても重要なのです。

 

【運動不足】
 運動不足も精力の減退に繋がります。
職業上だったりライフスタイル、性格上の面など様々な理由で普段から運動不足に陥ってしまう人も多いと思います。
精力と体力はとても関係していて、適度な運動をし体力が付いてくれば自然と精力も回復してきます。
軽いスクワットやウォーキングなど、普段から少しでも運動する習慣を身に付けるよう心掛けましょう。

 

【飲酒】
 適度にお酒を楽しむのはいいのですが、毎日だったり深酒をしょっちゅうしていると精力の減退に繋がります。
アルコールを分解する栄養素というのは実は精子を作る栄養素でもあるのです。
なので、毎日お酒ばかり飲んでいるとアルコール分解の方に栄養素が奪われ、だんだん精子が減少していき、精力も落ちてきてしまいます。

 

【喫煙】
 喫煙は体内のビタミンを奪ってしまいます。
その影響で精子に悪影響を及ぼしてしまいます。
また喫煙は血流を悪くしてしまうので精力も減退していきます。
喫煙は百害あって一利なしと言いますが、精力減退の他にも健康面においても異常をきたしますので注意する必要があります。

 

【疲労】
 体に疲労がどんどん蓄積されるとストレスも溜まるし、男性ホルモンの分泌も悪くなって体内のバランスがどんどん崩れていってしまいます。
その結果精力も減退していってしまいます。
そもそも体にエネルギーが無ければ精力も回復しませんので、身体に疲労を溜めずケアをしていく必要があります。

 

 

【肥満】 
 加齢とともに体に蓄積される脂肪の量も増えてきます。
一見あまり精力の増減とは関係なさそうに思いますが、このように体内の脂肪が増えて肥満やメタボになってしまうと、男性ホルモンの分泌が悪くなってしまうのです。
もともと精力というのは男性ホルモンの分泌によって大きくそして強くなります。
ですので肥満になってしまうとその男性ホルモンの分泌を妨げてしまい結果精力減退に繋がってしまうのです。

 

 

 この他にも自慰行為のしすぎや、ストレス、食生活の乱れなども精力の減退に繋がりますので、ちょっと最近元気がないな〜なんて思ったら、まずは自身の生活習慣から見直していくことをお勧めします。